オロナインはワキガなどの体臭ケアとして使えるのか?

自宅での体臭ケア

「オロナインでワキガケアができるらしい・・・」
体臭で悩んでいる人はそんな噂を聞いたことがある人もいるかと思います。

昔は一家に1つ常備されることの多かったオロナイン。ここではそのオロナインで本当に体臭ケアができるのか考えてみました。

オロナインで体臭ケアができるのは一時的

まずオロナインがワキガなどの体臭に効くかという疑問からお伝えすると、一時的な消臭は可能ということになります。
ただし、効果があるのはせいぜい1時間~2時間ほど。決してワキガが治るわけではありません。

オロナインがなぜワキガなどに効果があるかというと、オロナインは切り傷や化膿傷などに効果がある軟膏で、殺菌力がとても強いからなのです。
脇に塗るとアポクリン腺から出た汗を分解する細菌を殺菌することができます。

つまりオロナインの殺菌力の効果によって細菌がいなくなれば汗を分解することもなく、そのときに発生するワキガ臭は発生しません。
ただ問題があるのは、殺菌力の持続時間が短いところにあります。

そのため、デオドラントのつもりで使うには難しいと言わざるを得ないでしょう。

ただし、薬局やドラッグストアなどで売っているデオドラントアイテムであっても長時間持つわけではないため、注意してください。

オロナインを塗るメリットとデメリット

オロナインを塗ることで殺菌されるため、限られた時間内ではワキガ臭の発生が抑えられます。

また、ワキガ肌の人は、つい脇を拭いたり洗ったりする回数が多いので乾燥肌になりがちなのです。
オロナインはクリームなので保湿効果があります。
「保湿する」というのは臭いを予防する上で大切なポイントのため、そういった意味で予防になります。

これらはワキガの予防にオロナインを塗ることのメリットです。

さて、デメリットというとやっぱり殺菌力が短いため、デオドラントとして使うなら、何回も塗り足すことが必要になります。

しかしオロナインは油性が強いのでワキの下がベタベタになってしまい逆効果にも。
油分が下着や洋服に付いてしまうことでシミの元にもなってしまいます。

また、オロナインには独特な匂いがあります。
腋臭の臭いとオロナインの独特な匂いが混ざるとかえってキツい臭いになる可能性もありますし、腋臭の臭いが消えたとしても脇からオロナインの匂いがするのはちょっと違和感があります。

このようなことからオロナインを塗ってワキガ臭を抑えることはおすすめできません。

軽度なら体臭ケアアイテムとして使用できる

軽度のワキガ臭で軽く体臭が気になる程度であれば、オロナインと生活の改善などで予防ができる可能性もあります。

アポクリン腺から出る汗の成分を、細菌が分解することでワキガ臭が発生することはもうご存じだと思います。
脇の下には一般汗が出るエクリン腺と、ワキガ臭の原因となる汗を出すアポクリン腺があります。

世の中にはワキガ体質の人はとても多く、汗臭にほんの少しのワキガ臭が混じる人もいます。

このようなタイプの人はとても多く、生まれたときからアポクリン腺が少し存在している人です。
アポクリン腺がある程度の量になると、はっきりワキガ臭を感じるようになりますが、軽度のワキガであればオロナインを時々塗る程度でも、気になる弱いワキガ臭なら抑えられます。

特に軽度のワキガの人は1カ所~数カ所の、いつも決まった毛穴からワキガ臭を感じる人もいるはずです。

そういう場合は気になる毛穴付近にオロナインをときどき塗っておくだけでもワキガ臭の予防になります。

毎日の生活を見直し睡眠を十分取ることで、より軽度のアポクリン腺からの汗の成分を減らすことができ、ワキガ臭の減少にもつながります。

デオドラントアイテムは無香料のものがおすすめ

前述した通り、オロナインを使用するとどうしてもオロナイン独特の匂いがあるため、あまりおすすめできません。
そこでワキガや体臭専用のデオドラントクリームやスプレーを使用してケアをすることをおすすめします。

持続性があり、無添加・無香料で誰にも気づかれずに臭いのケアができる薬用クリーム「クリアネオ」は女性を中心に人気のわきが対策アイテムです。
また、デンマーク発の脇汗を抑えることに定評のある「デトランスα」もおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました